【新商品レビュー】麺屋武蔵監修「冷し真剣そば&辛真剣そば」を真剣に実食◎ 【ローソン】

2021年6月1日に全国の「ローソン」さん限定で発売された「麺屋武蔵監修・冷し真剣マジそば&辛真剣マジそば」を実食したので早速レビューしていきたいと思います◎

麺屋武蔵監修「冷し真剣マジそば&辛真剣マジそば」を真剣に実食しました

「麺屋武蔵」さんは1996年に東京・南青山にて創業、その後本店を新宿に移転し2021年6月現在で国内外合わせて23店舗と世界中にファンを持つ日本を代表するラーメンチェーンです。

人気を集めた理由は当時としてはかなり珍しい水産会社に特注して作り出した「秋刀魚の煮干し」を中心に、選りすぐりの素材を惜しげもなくふんだんに使った魚介醤油のラーメン

ダイニングのようなおしゃれで落ち着いた雰囲気でジャズをBGMにするなど、当時としては画期的なお店で現在も続くラーメンブームの火付け役に一役以上買ったパイオニアです。

最近では2020年8月に「麺屋武蔵 新宿総本店」を「創始麺屋武蔵」にリニューアルし話題になりました◎

そんな「麺屋武蔵」さんが監修した新商品が今回レビューする「麺屋武蔵監修・冷し真剣マジそば&辛真剣マジそば」

実はちょうど一年前の2020年6月に期間限定で発売されていた商品をグレードアップした商品となります◎

麺屋武蔵監修「冷し真剣マジそば」(598円)を頂きました

「冷し真剣マジそば」概要

価格は598円(税込)コンビニラーメンとしてはややお高めの印象。

カロリー成分は

エネルギー|626kcal
タンパク質|33.6g 
脂質|14.6g
炭水化物|92.7g(糖質|87.3g,食物繊維|5.4g)
食塩相当量|7.20g
となってます。
 
情報量が多いですがw
 
  • 全粒粉入り太麺(+煮干し粉)
  • 豚骨魚介スープ
  • もやしとキャベツ
  • ゆでたまご
  • チャーシュー
  • ニンニクと七味

ざっくりこんな感じ!

「冷し真剣マジそば」実食

それではさっそく開封して頂いていきます♪

ふたを開けた瞬間に香ってくるニンニクとごま油のジャンクな香りが食欲を掻き立てます!

スープ

まずは付属の豚骨白湯魚介スープをinします。

スープはシャバシャバ系でこの時点で既にゆず入り七味麺にかかっている魚粉が混ざってますね◎

トッピング

辛味噌のように見えるのがゆず入り七味で、にんにくは粗めに刻まれてます。

シャキシャキではなくシャクシャク食感のもやし◎

キャベツは芯の部分で気持ち程度w

小ぶりで薄めのチャーシュー。

今回のウリの一つでもあるゆでたまごは箸で持つと程よい弾力で、良い感じの半熟感が期待できそうです♪

全粒粉の麺はモチモチした感じではなく、パツパツワシワシで噛み応えのある剛麺

好き嫌いがハッキリしそうな麺ですが、二郎系好きにはフィットしそうですね◎

混ぜる前の状態で一口頂いてみると小麦かどうかは分からないですがほのかな甘みが感じられました◎

この手の麺は混ぜる際にパワーが必要ですw

箸が折れるか心が折れるか・・しっかり混ぜて頂いていきます!

しっかりスープを絡めて食べると、魚介感強めのクリーミーなスープとニンニクのパンチ力・ゆず入り七味の酸味が合わさってかなり美味しいです!

ゆでたまごは火入れも味付けも最高に美味しい♪

ほんとに美味しい味付けたまごでした◎

残しておいたチャーシューはスープと絡めて美味しく頂きました◎

「冷し真剣マジそば」ポイント

  • かなり満足度が高いG系の冷やしまぜそば
  • 全体的にニンニクのパンチ力が主張◎
  • もやしと麺の食感のコントラストが美味♪

ざっくりこんな感じ!

▷▷次ページでは「辛真剣そば」を実食レビューしてます◎

タイトルとURLをコピーしました